カルックで安全、安心

カルックの用途

  • HOME »
  • カルックの用途

不燃性商品

天井用FTカルック(厚さ5~40mm)

国土交通大臣 不燃認定番号 NM-4711(1)(2) 認定証

採用事例(サンワイズ株式会社様)

断面図

表面意匠

Nahumにより提案されている側頭頭頂骨の障害下限値を用いると、石膏ボードの場合は約3m以上の高さから落下すると人命に危害を及ぼす可能性がある。一方、難燃材性発泡スチロールの場合は、約4mの高さから落下しても人命に危害を及ぼす影響はないと考えられる。(大阪市立大学大学院工学研究科 吉中准教授報告書より抜粋)

パネル用(厚さ5~500mm)認定番号NM-4211

断面図

カルックを使用した商品

カルックの実力が認められ、様々なシーンで活用されています。 まだ企画・開発中の商品も控えており、今後益々カルックから目が離せません!


次世代の防火帽

小林消防服株式会社様とアライヘルメット様との共同開発による超軽量・難燃性ヘルメットがさらに進化しました。 命がけで消火にあたってくれる消防士の皆様を、カルックは炎から守ります。



壁や天井などの住宅資材としても注目されています

発泡スチロールの長所である軽さ、形成しやすさ、はそのままに、最大の弱点である「燃えやすい」を克服しているため、様々な建築資材としての応用が可能です。



燃えにくい畳床「燃えん乃丞」も絶賛販売中!

畳は進化しています! 建築畳床の規格性能を保有し、且つ不燃材等級の畳床。火災への安心感が強まる商品です。
PAGETOP
Copyright © 株式会社 永和マテックス All Rights Reserved.